レイクの家族バレない仕組みとは?満足度の高いサービスの実態に迫った!

レイクの家族バレない仕組みとは?満足度の高いサービスの実態に迫った!

レイクのカードローンはスマホ申込みがおすすめ

リスト 自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
レイク急ぎ借り入れ
レイク公式ページ
http://lake.jp/

新生銀行カードローンレイクには来店しての契約申込みの他、自動契約機からの申込みやインターネットからの申込みなど様々な申込みの方法があります。

その中でも特におすすめとなるのがスマートフォンのアプリを利用した申込みとなります。アプリから申込みをするメリットについて詳しくみていきましょう。

アプリを利用して申込みをする場合の大きなメリットとしては、申込みから契約までの流れが非常にスムーズで家族にバレないという点が挙げられます。

24時間365日申込みができますし、契約の際に書類提出が必要となった場合にもスマートフォンのカメラで書類を撮影してアプリから提出ができるのです。

また契約後にはアプリから手続きをしてキャッシングを行うことができるので、借り入れも便利にできるのです。家族にバレたくない人におすすめの申し込み方法です。

>>【レイク】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

レイク家族バレない自動契約機検索
レイクの180日間無利息サービスと、プロミスの30日間無利息サービス

初めてカードローンを申し込む時に、うまく活用したいのが初めての契約に限って利用できる無利息サービスです。文字通り、無利息でお金を借りることができます。無利息サービスを行っているカードローンの中でもおススメはレイク。

レイク家族バレないでは、借入金額の全額が30日間無利息になるサービスと、借入金額のうち5万円だけが180日間無利息になるサービスの2種類があり、どちらか好きな方を選べるようになっています。

少額を長期間借りたい場合は、レイク家族バレないの180日間無利息サービスが断然お得です。どちらがお得になるかはサイト上でシミュレーションできるようになっていて、申込み前に比較することもできます。

もし、30日間無利息サービスの方がお得になるとわかったら、その場合におススメなのは、レイク家族バレないではなくプロミスです。

プロミスの無利息サービスは、無利息期間が借り入れの翌日からの開始となっていることが大きなメリットです。他の消費者金融では、無利息期間は契約日の翌日からスタートします。

どういうことかというと、審査に通って契約すると、お金を借りていなくても無利息期間がスタートしてしまうのです。契約・即借り入れをすれば問題ありませんが、万一に備えてカードローンを申し込んでおきたいというような人には、無利息期間の30日をフル活用できるプロミスがおススメです。

少額だけれどすぐに借りたい、という人にはレイクがおススメ、ということになります。

レイクの利用者の注意点

レイク家族バレないは現在では新生銀行が提供するカードローンのブランド名ですが、少し前までは同名の大手消費者金融でした。現在のような銀行カードローンとなったのは2011年の10月からで、それ以前の9月までに契約をした人は、実は現在でも消費者金融と契約をしているのです。

消費者金融としてのレイク家族バレないは無くなりましたが、その時代の契約者は新生フィナンシャルという会社がまとめて引き継ぎ、同社は消費者金融として営業しています。その為、同じレイクを利用している人同士でも、2011年の10月以降に契約をした人は新生銀行と、それ以前の契約者は新生フィナンシャルという消費者金融と契約しているということです。

どちらの会社との契約になっていても金利などの条件などは同じ為、特にこれによる実害は何もありませんが、1つだけ大きく違う点があります。それは、新生フィナンシャルは消費者金融なので、総量規制が適用されるという点です。

ただ、これはデメリットという訳でもありません。例えば消費者金融のおまとめローンは総量規制が適用される借り入れのみが対象になるので、新生フィナンシャルとの契約でないとその中にまとめることができません。この場合、消費者金融と契約していることがメリットとなる訳です。

よって、レイク家族バレないだけを利用している場合はそれほど意識する必要はありませんが、これから他の消費者金融も利用する時には一応自分のレイクとの契約がいつだったのか確認しておくと、何かとスムーズにいくでしょう。

レイクが加盟している信用情報機関は3つです

カードローンの申込みを行なう際には、過去に金融事故を起こしていない限りは個人信用情報機関へ異動情報が登録されておらず、年収や勤続年数から審査を行えば多くのケースで審査落ちすることは無いでしょう。

個人信用情報機関へ登録されている事故情報については、3ヶ月以上の滞納または債務整理を行なった事実が中心です。日本国内に存在する個人信用情報機関は、銀行系・信販会社系・消費者金融系の3種類があり、金融業者によって1つまたは2つの信用情報機関へ登録しています。

しかし、レイク家族バレないについては元々が消費者金融出身だったために、CICとJICCの双方に対して加盟していました。

銀行カードローンとして生まれ変わった時点で、銀行系のJBAにも加盟することになったので、レイク家族バレないからの借入と返済状況は主要個人信用情報機関全てに登録される状況となっています。

長期延滞に至らない1ヶ月程度の遅れについては、毎月の返済状況を細かく確認すれば記号による表示で確認可能です。他社申込みを行なう際には、個人信用情報機関へ信用情報照会を行いますが、レイクからの借入については軽微な滞納についても他社にバレやすい状況となるので注意が必要です。

レイクとの取引に問題が有ると、加盟している信用情報機関が異なるカードローンへ申込みする方法が使えなくなるわけです。

レイクはカードローンの中でも特殊な存在

カードローンの利用歴が長い人ならば、かつてレイク家族バレないは消費者金融だったことを覚えているでしょう。改正貸金業法が完全施行される前に、新生銀行へ吸収されて一旦新規募集を停止し、借入れ中の人は契約変更を行い、銀行カードローンとして生まれ変わりました。

元消費者金融だったことから、現在でも自動契約機コーナーを銀行カードローンでありながら、レイクは引き続き保有して稼働を続けています。

金利設定は、消費者金融と同様に利息制限法で定められた上限金利で行われており、銀行カードローンでありながら金利が高いままという珍しい状況が生まれています。

しかし、銀行カードローンとしてレイク家族バレないは貸付を行なうことになったので、総量規制対象外となり年収の1/3を超える貸付も行える状況が続いています。レイクならば柔軟な審査が期待できると思われがちですが、必ずしも柔軟な審査を行っているとは言えない一面を持っています。

なぜなら、加盟している個人信用情報機関として、消費者金融時代からCICとJICCに加盟していましたが、銀行カードローンとなったことでJBAにも加盟することとなり、CRINにより情報交流されている以上の情報を全個人信用情報機関へ加盟することで得られる状況が生まれたからです。

キャッシングの利用時に本人確認書類は必ず必要なのか?

初めてキャッシングをする際に気になるのが、本人確認書類がない状態でキャッシングを申し込むことが出来るのかという点だと思います。

基本的にキャッシングを申し込む際に本人確認書類を持たずに申し込むことは不可能となっています。これは申し込む側としてはお金を借りることが出来るなら本人確認書類が無くても良いと思いますが、貸す側となるキャッシング会社としては貸したお金を必ず返済して貰う必要があり、返して貰うためには貸した相手がどこの誰なのかをしっかりと確認する必要があるのです。

本人確認書類は運転免許証で大丈夫ですが、それ以外にもパスポートや住基カードといった顔写真の付いた身分証明書が有効となっており、健康保険証は顔写真が無いため単独では認められないことが多くなっています。

これは2016年10月に法改正が行われ本人確認書類の確認が厳しくなり、顔写真のない本人確認書類を提出する場合には他の本人確認書類を追加提出することが求められるようになったからです。

また、外国籍の人がキャッシングを利用する際には基本的に永住許可を受けている人しか利用することが出来ず、外国籍の人の本人確認書類には在留カードや特別永住者証明書の提出が求められます。